膝の外側の痛み「腸脛靭帯炎」とは?

・腸脛靭帯炎とはランナー膝の代表である腸脛靭帯炎は、膝の外側に生じる炎症であり、腸脛靭帯の緊張が強まり大腿骨外側上顆部付近と擦れることによって発症します。この腸脛靭帯炎について解説してみます。・腸脛靭帯とは腸骨稜(ちょうこつりょう)や鼠径靭帯(そけいじんたい)などから起こった大腿筋膜張…

足裏の痛み足底筋膜炎

どんな症状か足底筋(腱)膜炎は、マラソンなどの競技者に多く見られる、ランニング動作の繰り返しによる障害で、足底部のオーバーユースを原因として発症しやすいものです…

「アキレス腱炎」とは?

~アキレス腱付着部炎とは~アキレス腱はふくらはぎになる筋群が収束して一本のすじになったもので、踵の骨に付着します。他の腱と比較すると太くて強靭ですが、逆に人間…